前へ
次へ

ニキビを酷くしないための洗顔法

洗顔の目的は肌にとって必要のないものを落とすことです。
必要のあるものまで落としてしまったり、落とすために必死になりすぎて肌を傷めてしまうのはよくありません。
美容のためには、ニキビを酷くしないための洗顔法をキチンと押さえておきましょう。
洗顔料を使った洗顔は、1日二回を限度としましょう。
洗い過ぎは肌を傷めます。
マイルドにキチンと汚れを落とすためには、まずは手を洗うことが大切です。
手の汚れを顔に擦り付けたり、洗顔料の洗浄力を手で使ってしまわないためにも大切です。
ぬるま湯で顔をすすぎ、洗顔料はしっかりとあわ立てて優しく洗いましょう。
洗顔料をしっかりとすすぎ落とし、清潔なタオルで優しく水分をふき取るようにしましょう。

ニキビは乾燥肌が原因

「ニキビ」が出来てしまうのは、肌の乾燥が原因と考えられます。
肌が乾燥していると、内部で皮脂を出そうと必死になるのです。
その皮脂が毛穴に詰まってニキビを作ってしまいます。
そんなトラブル肌を改善していくには、保湿をすることだと美容家の人は言います。
保湿といってもこのような場合は、ベタつかないタイプのローションや、乳液、美容液をセレクトすることが大切です。
さっぱりタイプの化粧品をけちらずに、たっぷり使用することが重要となります。
乾燥ニキビができやすい場所には、コットンを使用してローションをたっぷり含ませ肌をパックします。
肌がしっかりと保湿されると、皮脂の分泌が抑えられてニキビを改善へと導いてくれます。

Page Top