前へ
次へ

鍋料理は美容食にもなるのです

美容には鍋料理がいいとよくいわれます。
確かに、肉や魚に加えて野菜がたっぷりの鍋料理は、特に寒い季節は体も温まり、様々な食品をバランスよく食べられますので、美容食としてはうってつけでしょう。
特にお勧めなのは、油や調味料をあまり使わず、そのまま素材の味を活かすものです。
たとえばしゃぶしゃぶや湯豆腐、水炊きなどです。
また食材は白菜やきのこ類、ホウレン草やにんじん、豆腐などがいいでしょう。
肉を入れる場合は、特に鶏皮や豚ばら肉の脂肪などは落としてから入れましょう。
他にもトマト鍋や、日本以外のアジア諸国の鍋をアレンジしてみるのも、目先が変わっておいしそうですし、リノール酸が豊富な大豆でできた豆乳を入れるのもいいでしょう。
また、コラーゲンが豊富な鶏手羽先を入れる場合、ビタミンCを一緒に摂るとより効果が高まります。
ただしビタミンCは熱に弱いので、ポン酢にレモンを加えるなどしてみるといいでしょう。

美容効果の高い鍋料理

鍋料理には、美容効果のあるものが多いです。
鍋料理には野菜が多く使われるので、食べることで、美容にとって大切なビタミン類や繊維質などをたっぷりと摂取することができるのです。
しかも煮込まれているので柔らかく、消化も良いです。
肉類が使われていることもありますが、煮込んでいるうちに脂肪分が溶け出すため、焼いたり炒めたりするよりも低カロリーになります。
水炊きなどは味付けもアッサリとしているので、よりヘルシーです。
そのため鍋料理は、美しくなることに関心のある人やダイエット中の人によく食されています。
中には、美容に特化した鍋料理もあります。
コラーゲンや豆乳やトマトなど、美容効果の高い成分や食材を使って作られているのです。

Page Top